推間板ヘルニアを患ったことについて。

数年前、私は推間板ヘルニアを患いました。腰椎と頚椎にて、推間板ヘルニアを発症しました。

そもそものきっかけは、背中とりわけ真ん中の辺りが痛かったことと、左足の先端部分が水に浸かったようで冷たくて軽いしびれを起こしたことです。

背中の痛みは、家族が健康ローラーでゴロゴロ押してくれると、少しの間だけ痛みは減ります。ただ、時間が経つと、また痛くなってきます。

当時の私は、どこに診てもらうと良いかわからず、かかりつけのお医者さん(女の先生)に相談しました。先生は、「ちょっと失礼」と言って、尾てい骨の辺りを触りました。

「話を聞いたとき、帯状疱疹かと思ったけど、違うね。整形外科の先生を紹介しますので」と言って、紹介状を用意してくださいました。

私は推間板ヘルニアと診断されました。頚椎と腰椎に発症したとのことでした。

首ではなく、背中が痛いことについては、首から神経が通っていて、背中の真ん中あたりまできているからだそうです。

皆さん、背中の肩甲骨の間から真ん中あたりが痛いと言われるのは、そのためだと先生はおっしゃいました。

どちらかと言えば、頚椎の推間板ヘルニアが具合がわるく、腰椎は頚椎に比べると軽めとのことでした。

最初は痛み止めやビタミン剤をもらいました。足のしびれがなくなっていくと、ビタミン剤はもらわなくなりました。

リハビリのときは、首と腰のけん引、ウォーターベッドで横になる、電気をあてる、先生に色々みていただくことが主な内容でした。

けん引はとても気持ちが良くて、いつも寝てしまいました。きっと、デスクワークで骨が縮んでいたのかとも思いました。

リハビリ台に座ると、先生に言われることをしました。そこから、次への治療方針が決まっていたのかもしれません。

リハビリの先生から、時間が空けば(時間の強制はなかったです)、体操をするように言われ、その通りにしていました。先生に言われた体操をしたことも、身体が楽になった大きなポイントかもしれません。

リハビリの時間は、結構気持ちが良くて楽しかったけど、数か月で病院を卒業することになりました。

また痛くなったら来てくださいと言われていますが、幸いあまり痛みがひどくならずにここまできました。

最近別件で、地元の総合病院に通っています。

そこの整形外科にヘルニアについて、詳しく書かれたポスター(保存療法や手術について、かなり書かれています)を見るたびに、早めにかかりつけのお医者さんに相談してよかったと思います。そして、教えてもらった体操を常日頃行っていこうと思っ ています。

春の訪れとウグイスの婚活ソング

冬も終わりだんだんと暖かくなってくると、どこからともなくウグイスの鳴き声が聞こえてきます。私たち人間からしたら春が来たなあと四季を感じる一つの音として認識していますが、あれって実はウグイスのオスが周りのメスにアピールするために鳴いているんだそうです。いわばウグイスの婚活です。「ホーホケキョ」とうまく鳴けた者がモテるそうで、へたっぴな子は残念なことにメスが寄ってこないので子孫を残すことが出来ません。「ホーホケ…」と何回歌っても最後まで言えないやつや、「ホーホケピヨ?!」と驚きを隠せない者、明らかに音痴な者など、外に出て耳を澄ましていると楽しくて仕方がありません。こういった見方をすると、ウグイスの鳴き声も一味違う楽しみ方が出来るかと思います。

さて、これを人間に置き換えてみるとどうでしょう。私はコミュニケーション力が高い男性のほうが婚活がうまくいくと考えています。ウグイスで例えたら歌がうまいやつです。よく、婚活のイベントだとかを市役所などが率先して大々的に募集がかけられているのを目にすることがあります。周りがどんどん結婚していくのが不安になり応募する男性も多いかと思います。しかし、コミュニケーション能力は使わないと鍛えられません。今まで苦手だからと鍛えてこなかった人に女性は集まって来るでしょうか?ウグイスで例えたら音痴なやつです。すべて、話がうまくて面白いやつに興味を持って行かれて残念な思いをするでしょう。
このようなとらえ方をすると、人と鳥を一緒にするなと怒られてしまいそうですが、何気ない日常の当たり前だと思っていた鳥の鳴き声さえも面白いものに変わります。
そんな風に日々の生活の中でも感じ取れるようになると、暇だな。スマホいじるぐらいしかやることないし。毎日つまんないな。といった、ただ起きて仕事して生きてるだけな日々から抜け出して、有意義で充実した人生を送ることが出来るかもしれませんね。

定期的にエアコンのクリーニングや洗浄

エアコンのクリーニングや洗浄は大まかな部分は個人的にやり、細かな部分の対応は専門業者に頼もう “1年に数回はエアコンのクリーニングや洗浄などを個人的にできる部分はやっておりますが、細かな部分とか専門的な知識とか技術が必要なところとかは専門業者に依頼を出し対応してもらっていたりします。

大まかな部分の洗浄やクリーニングであれば、一般的な人でもできたりしますが、専門的な技術や知識が必要なところとかはプロの方に頼んだほうが安心できる部分があります。依頼を出す専門業者とかも名が知られつつ、実績が多くあり、利用者のことをしっかりと考えてくれているところに出しています。

エアコンのクリーニングや洗浄をすることによって得られるメリットも多くありますし、使用しているエアコンを長く使い続けていくことができるため、急な故障とかなどもなくなるので安心できる部分があります。
専門業者に依頼を出しエアコンのクリーニングや洗浄対応を受けるのは1年に2回ぐらいとなっておりますが、個人的にやるのは1ヶ月に1回とかのペースになっています。

エアコンを使わなくなる季節とかはカバーをかぶし、埃や汚れなどがつかないようにうまく工夫をしながら対応をしていたりします。
専門業者にエアコンのクリーニングや洗浄を頼む時はプランが幾つかあったりるので、その中から選ぶ形となっていて、オプションとかで色々とつけることができるため、その時の状況によってうまく使い分けていたりします。

エアコンのクリーニングや洗浄は室外機に関しては別途の費用がかかってくるため、ここはしっかりと把握をしておきたいところとなっていて、室外機の洗浄やクリーニングとかもオプションとかでつけることができるので、専門業者にエアコンのクリーニングや洗浄などを頼む2回中の1回はお願いをしていたりします。
プロの方にとれば、細かな部分の汚れなどもしっかりと対応してくれますし、カビや黒ずみ及び黄ばみなどに強い耐性を持つように特殊なものを使ってコーティングとかもしてくれるので、こちらも助かる部分となっています。

先程も言いましたが、エアコンのクリーニングや洗浄は専門業者に頼む場合は1年に1回また2回が良く、特殊なエアコンを使っている場合は一度ですが相談を行い、専門スタッフの方とかから適切なアドバイスとかを求めたほうが良いです。
普通のエアコンとかであれば、年に1回また2回ですがプロの方から対応を受ければ安心できますが、特殊なエアコンなどは定期的な対応も必要となってくるので、そこはしっかりと専門スタッフの方と話を行い決めていくのが良いです。

エアコンのクリーニングや洗浄にかかる費用とかになりますが、依頼を出すところによって異なる部分がある程度はあったりするため、いかにスマートに費用を済ませることができるかが大事な部分となっています。
専門業者から対応を受けた後は個人的にも大まかな部分となりますが、定期的にエアコンのクリーニングや洗浄とかはやっておいたほうが良く、エアコンに負荷をかけないようにするためにも必要なことです。

YOUチューブを見ていて感じること

福岡のほうでは、様々なグルメやイベントが目白押しなのはいいことだけど、この時期は、性犯罪が増えて少し厄介な季節でもある。
若気のいたりでは済まないこともあることを心にとどめておくべきだと私は思います。特に携帯の進化によって、その解像度が昔にくらべ、良くなったからより悪質になってきている。
結局は、使う人間の使い方次第つまり、その人のモラルが問われているのだと思います。
また、悪質なサイトを排除しようにも、その数は膨大で、取り締まる方法があるのだろうか・・・。

このところの性犯罪の悪質さはさらに巧妙になってきている。
これからイベントが多くなってくるので、女性や小さな子を狙った犯罪も増えてきているので、防衛策を今から家族を話し合うのもひとつの手段だと私は思います。
また、軽い気持ちで撮った写真が大きな事件に発展することも最近では、しばしば聞かれるようになった、カメラは、一歩間違えたら、その娘の人生も壊してしまうこともあるということを今一度考えてほしい。
どうせなら、だれもが幸せになる動画のほうがいいと思いませんか。
今は、だれでも、カメラマンになれるし、簡単にUPすることができるので、その「危険性」を今一度確認しておくことを勧めます。

YOUチューブでの動画や他の動画サイトでの収入ばかりではなく、一歩間違えると犯罪になることも自覚するべきだと私は思いますし、その動画を検査するサイトがあってもいいのではないでしょうか。
「この動画が犯罪になるかどうか」をどうやって判断するべきなのだろうか・・・。
これからYOUチューバーや動画サイトで、稼ごうと考えている人は、著作権やその判断材料をしっかり身に付けることが大事になってくると私は思います。
やはり、人気のYOUチューバさんたちは、分かっている。
だからこそ再生数を稼げるのだと思います、再生数にこだわるのではなく、「この動画を見て、相手がどう感じるか」という意識を編集しながらでも持ってくれるいいなと私はそう思います。

絵画のデッサン力の身に付け方

絵画といっても多くの風景画や自画像、模写といった多くの分野が存在しますが、基本的に多くの人間が人物のデッサンから入り、その後、風景や自画像といった分野に入るのではないかと思われます。

ここではまず、絵画の基本となる人物の描き方から説明していきたいと思います。
基本となるのは成人女性の真正面から見たときの全体的な寸法です。
顔が描けても肩から足元のつま先までバランスが合っていなければ正確な人物画は描けたことになりません。
基本は皆、8等身となります。肩から腰までを一部、腰から足までを二部としたら一部が4等身とします。
残りの二部を足元のつま先まで描いたとしても二部が一部より短ければ、胴長短足となってしまいます。
順番ずつ説明していくと顔、肩から胸、胸から腹部、腹部から腰の四つが一部の4等身となります。
二部に関しては腰から太ももの中間、太ももの中間から膝、膝から脛の中間、膝から足のつま先までを4等身とします。
その寸法に合わせ最終的に描いたときに一部より二部の方が長いかどうかを確認しなければなりません。

最初は慣れないかもしれませんが徐々に積み重ねることにより絵は成長し形を変えていきます。
デッサンの上達する近道として人物模写や、写真模写、実際に現役のモデルさんを起用した裸体模写など、一言でいえば模写が良いと言われていますが、私としてはあまりお勧めはしません。
私の仕方としては素体を描くことです。
写真模写などしていると多くの人がいきなりよりハイレベルなデッサン力を身につけようと始めますがやはり短時間で本物の画に近づくには気力が続かず、諦めてしまうケースが多いです。
まずは、右も左も分からなくても、とりあえず描くことです。
素体を毎日続けることで先ほどにも説明したように必ず絵は形を変え、修正すべき違和感に気づき、その都度、訂正することで変化を見せます。
真正面を描けるようになれば、やがて様々な角度から人物を描けるようになります。
少し疲れたら外へ行き違う風景を見ること。帰って自分が描いた絵を見たときに以前とのデッサン力の違いに気が付くはずです。
一日5分でも良いから毎日素体を描き続けるということ。
継続することがデッサン力を高める大きな近道と言えるのではないかと思います。
また、下記のようなところで様々な絵画をよく見ることもいいと思います。

This entry was posted in 趣味.

スキレットがやってきました。

寒いですね。若い頃は、あんまり着込むと肩凝るから?とか言っていたのが嘘のように、もりもり着込んでいます。今年ワイドボトムス流行りだからいくらでもレギンスにタイツに着込めて嬉しい?( ´ ▽ ` )

そしてついつい夕食も鍋ばかりになるという…。スーパーにもいろいろ鍋のスープ売られてますけど、やはり普通の水炊きがいちばんおいしいと思ってます。薬味は柚子胡椒。

うちは夫の帰りが遅いので、鍋の日は1人用の土鍋に作って置いておきます。あっためて食べたら熱々でおいしいらしいです。
が、ほんとうに鍋ばかりだと、鍋が大好きな私はともかく評判が悪いです。主に子どもに。
でもやっぱり遅く帰って熱々のもの食べたいよね?と思って、最近スキレット買ってきました!ニトリで。安かった!そのまま食卓に出せる鉄鍋というか鉄板というか、そういうもので、ただの野菜炒めでも、これに乗せておくと、帰ってきた夫が火にかけるだけでじゅうっとしてなんだかごちそう気分。とっても良いです。

ちなみに子どもたちからのリアクションの薄い夕食代表の焼きそばも、スキレットにのっけてじゅうじゅうして、半熟の目玉焼きものっけて出すだけで大評判。やはり見た目のじゅうじゅう感は強いなと再確認しました。ファミレスみたいと大人気です。

めっきの様々な方法

めっきを行うには様々な方法がとられています。
めっきしたい品物を取りつけたひっかけるための器具より、電流を供給して行う方法をラックめっきといいます。

このラックを使う理由としては、バレルめっきが行えるか否かで判断され、品物をしっかり保持でき、しっかり通電できるようにするという工夫が必要となります。

バレルめっきでは、ボルトやナットなどラックめっきでは効率が悪くなってしまう場合に用いられます。樽のような容器に、めっきする製品を入れ、バレルを回転させてめっきすることになります。棒状や筒状の製品を一度に大量に処理することがメリットといえますが、一方で傷がつきやすくなってしまったり、重い製品や絡みつきやすい製品には向きにくいということが挙げられます。

線材、繊維などの巻かれている長い形状をした製品にめっきをする場合に用いる方法はフープめっき、もしくは連続めっきと呼ばれます。品質が安定し高速でめっきをすることができること、めっきが不要な部分にはしないで省資源化が図れることなどがあります。

重量があまりにもありすぎる製品には縦型のめっき槽を地下に埋め込み、そこにクレーンで吊り上げた製品を入れてめっきすることになります。

This entry was posted in 仕事.

自動車保険の選び方について

自動車に乗るときは必ずと言って良いほど、保険加入している方がほとんどです。統計上でも、全体の九割近くは加入しています。
なんとなく入っている方、事故をされて保険で助かった方、様々ですが、車は乗りたい車種、色などを選ぶのが当然だとは思いますが、保険はあまり選ぶことをしないのが一般的です。

そこで、今回はせっかく乗りたい車を購入したのだから、その車やご自身を守る保険もしっかり選ぶ基準などを紹介致します。
自動車保険というのは、まず基本となる対人と対物賠償責任保険です。ここは事故相手への賠償なので、無制限が一般的です。続いては人身傷害保険や搭乗者傷害保険、こちらは自分自身や同居家族、またはそのお車に乗られていた方へのケガの補償です。
人身傷害は3000万円から、搭乗者傷害は500万円からが一般的です。私がおすすめするのは、人身傷害無制限、搭乗者傷害1000万円です。
人身傷害無制限の理由は、冒頭で書きましたが、約九割の方が自動車保険に加入しています。ということは、約一割の方は未加入の自動車です。統計論で10台に1台は未加入の自動車です。自動車で走行していると、10台の自動車なんて1分もかからないうちに見かけますし、すれ違います。そのうち1台は加入していないとなると、事故をした際10分の1の確率で、無保険自動車と事故をします。
軽微な事故であれば丸く収まるかもしれませんが、寝たきりや死亡事故になった場合、無保険自動車は強制保険のみでの賠償しかできません。死亡で3000万円、高度障害で4000万円のみです。これ以上かかった場合、当事者に直接賠償責任の訴えを起こすしかなく、賠償が多額になればなるほど、よっぽど金持ちでない限り支払う能力はなく、泣き寝入りしかできません。
そんな時のための人身傷害無制限です。

搭乗者傷害1000万円にも理由があり、基本他人が同乗していて事故にあえば、対人補償でまかないますが、相手がいる事故などは過失割合が存在をし、割合分しか出なかったりもします。そんな時に搭乗者であれば支払い可能な搭乗者傷害保険をつけておくと、死亡で1000万円はプラスで支払われるので安心ができます。
次にご自身の自動車を守る車両保険ですが、一般車両、限定危険と二種類に分かれているものが一般的で、選択できます。限定危険は掛け金は安くなりますが、自損事故、あて逃げが出ないものとなります。せっかくご自身で選んだ大切な自動車なので、フルカバーできる、一般車両がおすすめです。ただし、地震、噴火、津波、戦争などは出ないので参考までに。今では何社か地震に対する補償を準備している保険会社も存在しますので、選ぶときのポイントになるかもしれません。

店によって値段が異なります。

マークXを、購入しましたが、カーフィルムが、貼ってありませんでした。
なので、奈良でカーフィルム施工業者を探しました。
A社に、見積りしてもらいましたが、フィルム施工費含めて、51000円くらいです。
近くのB社で、見積りしたら、同じ条件で、35000円でした。
迷わず、B社に依頼しました。

貼るところは、リアガラスと、後部座席窓と小さい三角窓です。
予約して、当日お店に車を持っていきます。
お店に業者さんが、来るわけではなく、お店の人が、近くのピット場に運ぶそうです。
鍵を渡し、半日掛かるので、お店の近辺で、時間つぶしです。
作業してるところは、見れません。
仕上がってきたら、携帯に電話がきます。

車種により、大きさが決まっているので、最初からフィルムは、カットしてあるそうです。
選ぶのは、色の明るさと暗さですかね。
わたしは、スーパーブラックを、指定しました。
フィルムは、業者さんに依頼した方が断然いいと思います。

自分でやると、しわだらけや、気泡が入って、失敗するケースが多く、風が吹いてるところでは、フィルム同士がくっついて、出来ません。
売ってるフィルムは、色落ちしやすく、効果がありません。
業者のフィルムは、品質が良く、何年経っても、色落ちしません。
先にお店で、会計を済ませて、お昼前に車が戻ってきました。
そこで、簡単な説明が、ありました。

貼ったばかりなので、水分が抜け切れてないそうです。
リアガラスは、開けることは無いので、大丈夫ですが、後部座席の窓を開閉すると、フイルムが、めくれるそうです。
完全に乾くまでは、開けないでくださいと、言われました。
1~2日、様子見れば、大丈夫です。
仕上がりを見ると、光沢があって質の良いフィルムです。
しわや気泡は、いっさい無く、鮮やかな仕上がりです。
この店に頼んで、本当に良かったです。
値段にも、こんなにも差があって得した気分でした。
私も若い時、自分で貼りましたが、洗剤を付け自在に動かして、気泡は針で空気を抜き、ドライヤーで伸ばした記憶があります。

住宅購入、なにが大切なのか想定して検討

住宅を購入しようと検討されている方、たくさんいらっしゃるでしょう。
みなさんは住宅購入にあたってなにを一番に考えられますか?
ぼんやりしていらっしゃる方も少なくはないのではないでしょうか。
ここでは私の考えとなりますが、皆様の住宅選びの参考になればと思い綴らせていただきます。

まず、住宅という大枠の中でなにが自分の中で一番なのか、家づくりになにを求め、なにを軸に進めていくのか。家づくりだけではないかもしれませんがここが重要だと考えました。
外観のかっこよさ
これはある程度どこでも寄せられるかなと思いそこまで重視しませんでした。
とくに設計事務所のような奇抜の家が欲しいわけでもなかったですし。

建物建築費用
予算は絶対です。ここを適当にやってしまうと建築後の生活の苦しさが残り後悔する家づくり担ってしまうと思い余裕のある計画をたてることにしていました。

間取りの自由度
ここには重点を置いて生活のしやすさをよくしていき、日々のストレスはなくしたいと思っていました。
入居後の生活のことはなかなか想像が出来ないぶぶんが多いですがここは必死に、脳みそフル回転で想像するしかないと思っていました。

その時にふと思ったこと生活のしやすさなども大切だけどやっぱり豊かな生活を送る上で住んでいくのにかかってくる費用です。
光熱費。
いろいろ考える中でここをおろそかにしてしまうと、入居後の生活だ一番辛くなると思いました。
そこで、どこに重点を置いたらいいのか。

行き着いたところは断熱性能でした。
この部分をしっかり押さえておくことで年間にかかるランニングコストはぐっと抑えられます。
感のいい方は私がどこの住宅を選んだかはお分かりになるのではないでしょうか。

実際に断熱性能を向上させておくことで年間の冷暖房費の削減はとても大きく。
この先ずっと住んでいく住宅となるのでそこがいいことによってその後の生活に幅が出ます。
最初はローコストメーカーでとも思っていましたが、その辺りとの比較をすると断熱性能には大きな差が。

ローコストメーカーではイニシャルコストが抑えられてもランニングコストは大きく膨れ上がります。

是非、目に見える部分だけでなく見えない部分の想定をして住宅選びを行っていただけたらと思います。